2005年08月27日

DVD「ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10」

やっと、見ましたー。うひひ。
多少値段が高かろうが、もう、アレですよ。
ライブの“FIVE KEYS”がいつでも観られるというだけで、私にとっては必需です。

*****

どうでもいいことですが、実は私、この収録日に観に行ってました。
んが、今、ログを振り返ったけど、特に記事が残ってないや。あれっ?
ま、立ち見だったんですけどね。最高でしたけどね。
リーダーの「DVDになりまーす!」に「おおおおお!」とその場で大喜びした覚えがあります。

さて、DVDのことですが・・・・、いいね!おもしろいですね!

・金色&歌謡歌手のような衣装におののく(遠景で見てる分には気にならないんですけど)。
・テレビの前で体育座りで鑑賞→“愛の歌”で思わず体を揺らし始める。
・バラードシリーズはマッタリと、メドレーはウキウキと。
・アカペラ人の説明の部分で、某あの方が出てくるんじゃないか?武道館、スペシャルだし?と思ってチケットを取った・・・・というのは、どうか内密に。
・北山さんが、本当によく回るし飛ぶんだなぁ。さすが小さなタイフーン。
・全体を通して、メンバーが非常に楽しそうにしているのが印象的。楽しく仕事ができるというのは、幸せなことなのですね。
・今回は“靴を履いたまま”のダンスが一番好きです。一緒に踊りたいぐらい。
・今まで文字or口伝でしか伝わってこなかったライブのお約束(ウルフやFIVE KEYSのジャンプのタイミングなど)が、これで予習できるようになるのですね。喜ばしい。
・そして、伝説のラブマシン様がついに日の目を・・・・。(感涙)
・“東京スヰート”のブレイクの部分は、本当に会場中が完全な無音になってました。シビれた。
・小堺さんを交えた座談会は、非常に内容が濃くて面白かったです。どうでもいい話が多かったけど。
・ラブマシン様、やっぱりアレは間違いだったんスね。(笑)
・孤高の転校生とか、参観日のお父さんとか、言い得て妙だなぁ。
・『平成を突っ走る昭和男』・・・・どぉりで、ちょっと懐かしいと言うか、昭和の香りがすると思ったんだよな。(ダンスとか)

いやはや、格好いいライブでしたよ。毎日でも見られて幸せです。
弟とか、色んな人間に見せて回りたい気分です。
posted by ベス at 11:09| ☔| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。