2005年08月07日

俳優にはならない、が‥‥

『俳優になる'05』を、買ってしまいました。

*****

そういうつもりもないのに、「俳優になる」等というタイトルからして購入者の的を絞った冊子を買うのは如何なものか‥‥と思っていたので、買うつもりは無かったんですが、実際の記事を見てアッサリ決心が覆りました。

‥‥あぁ。いいなぁ、この写真の堺さん‥‥。

P2〜8までの合計7ページで、写真は見開きで3枚+1枚。
衣装は白いTシャツの上に濃緑のベスト、そしてジーパン。
撮影場所は主に和室(畳と障子に座布団)で、本を読んでいる姿が中心。
読んでいるのは、文庫本『大放浪』。
あとは、一人で囲碁をしていたり、屋上らしきところに佇んでいたり‥‥。
静かでほわ〜んとした良い写真ばかりでした。
P7にはインタビューがありまして、内容は早大劇研時代の話と舞台『宮城野』の話。
個人的にツボだったのが、プロフィール(P8)の一文。
「読む本は常に携帯し、読むものがないと飲み物のラベルなどを読んでいるという活字中毒」
ああ、わかる、わかる。(笑)
にしても、以前に同様の主旨の雑誌に載っていた堺さんのインタビューを読んだ時も思ったんですが、俳優を志す人にとってこの人のインタビューは果たして役に立つんだろうか?という根本的な疑問がどうしても抜けないんですけどね。
「劇研時代の体力トレーニングは今全く役に立っていない」とか‥‥。
そういう人も居るという意味では、一つの例にはなっているのかなぁ?

ともあれ、良い写真でした。次は、10日のInvitationか。こっちも気になるんですよね。
posted by ベス at 18:54| ☁| Comment(0) | 拾い読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。