2005年06月15日

ジャミラで泣いた女

・・・・怪獣派です。

*****

ジャミラについてはこちらをご参照ください。
幼心にすごぅく悲しい話だったんですよ。大好きなんですよ。

えっと、私の話はもういい。

『Hanako』読みました。
TV情報コーナーにインタビューが1ページ。(カラー写真付き)
堺さん、やっぱり子供苦手だったんスね。
インタビュー自体よりも、それよりも、記者さんによる取材時にエピソードにあの人らしい一面が垣間見えました。
『「鳥居はサーキットに行けなくて残念ですね」というこちらの言葉にキョトンとする堺さん。「幼い頃に男の子が好きになるものは乗り物派と怪獣派に分かれると思うんです。自分は怪獣派だったので(「車にあんまり興味ない」の柔らかい言い方)」とのこと。なーるほどー。』
この、柔らかい言い回しでズッパリ断ち切る感じが最高ですね・・・・。

あの方のことをググっていたら、ウルQで共演した女優さんのラジオレポに遭遇。
ディズニー関連施設の大ファンである彼女は、共演中にあの方がランドにもシーにも行ったことが無いのを知り、「人生損してますよ!」と一生懸命にその素晴らしさを説き、CDまで貸したそうなのですが、
『何を言っても「うん、すごいと思う」としか言ってくれなくて、しかも、「でも、僕は行きたいとは思わない」って・・・・。こういう考え方の人もいるんだなぁって人生勉強させてもらいました。』
嘘でもいいから「機会があったら行ってみます」とか言えばいいのに、断固拒否か。(笑)
フィクションがダメな人だから、しょうがないんでしょうかね。
あ、乗り物もダメですものね。それじゃ、楽しめないわ。人多いでしょうし。
ファン心理としていえば、そういう場所ではしゃぐ大人をしら〜っとした目で見ているあの人が、ちょっと見てみたいですけど。

他、TV情報誌にめぼしい記事は無し。
っていうか、あのドラマの記事がそもそも「今までの復習」的なものばかりで・・・・撮影の進行状況が心配です。
まさか、間に合わないなんてことはないでしょうけど。
来週はいよいよラスト直前ですから、もうちょっと期待できるのではないかと思いますが。

*****

ディアフレンズ。
“マチャト”は、どうしても慣れません・・・・。
しかし、連呼されて「あ、あんまり、繰り返さないで・・・・」とテレるあの人がかわいかったので、あの愛称は“有り”と認定しました(勝手に)。
それと、九州人エピソードも面白かったですね。
堺「鹿児島人には宮崎県人の気持ちは分かるまい!(笑)」恵「楽しかー!(笑)」とか。
役者論などちょっとディープな話もあり、あの方も終始楽しそうで、良い番組でした。

*****

全然関係ないんですが、25日(野球中止の場合)の『世界一受けたい授業』にゴスの北山先生が出るそうで・・・・。
私、その番組はチラッと2分ぐらいしか観たことがないので、「なんで??」という言葉が頭から消えません・・・・。
だって、音楽番組じゃないですよね?えぇぇ〜?何故〜?どういう状態〜?
『エンジン』と同じくらい、見逃せないかもしれません・・・・。
posted by ベス at 23:39| ☔| Comment(0) | 拾い読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。