2004年07月31日

番外

会津の旅の個人的な感想。

オープニングのところで「個人的な感想は区切って黄色で」等と書いた気もしますが、そんなことをするぐらいなら、最後にまとめて書こうと言うわけです
というか、合間にそんなものを書いている余裕がなかったという説も有りますけど


堺さんは、やっぱり記憶力のいい歴史好きな方で、巡られた史跡の名前をずら〜っと並べ挙げられた時には、不勉強な私の頭は真っ白になりました。
ええと、近藤さんのお墓には参ったと言っていました。
あと、一番印象に残っている場所として、会津藩主松平家墓所を挙げ、お墓の形を「○○がこっちにあって、そのむこうに‥‥」とジェスチャー付きで説明してくださったんですが、よく、分からなかった‥‥、です。でも、すごいんですね?でも、お墓でしょ??


勘太郎さんは、全身から「構ってください!」というオーラが出ているのに、いざ自分のことに話題が及ぶと照れてしまって他の話をしたがるあたりが、かわいい人だなぁと思って見ていましたけど。


とにかく、普通にしゃべって動いているお二人を見られて幸せでした。


後は‥‥、「山南は正座キャラだ」という話の時に、「僕もです!僕と源さんも正座キャラでした!」と自己申告する勘太郎さんと「そうだ〜、そうだったね〜」と懐かしげに微笑み返す堺さんとか、
平助のキャラクターがうつって謝るのが上手くなったという勘太郎さんが「それって、いいことなんですか?」とやや不安げに言った時に「いいことだよ〜、周りのために自分が先に折れるっていうことだから」とやさしくおっしゃる堺さんとか、
見る機会が得られてよかったです。


司会のお姉さんが、狙っているのかそうじゃないのか、「なぜそんなことを聞くんだ?」と言う質問(例:「なぜ平助は近藤から離れて‥‥」等)をするので、ハラハラドキドキしながら聞いていました。

その辺りのネタバレトークは、自分でも「辛いなぁ」と思いつつ、できるだけそのまま書き起こしました。
自分が書いててツライものを、こういう場に上げるというのもどうなんだろう?と思いましたけど。

でも、これでやっと、他所のサイトを見て回れます。
たぶん、色々なところでレポートが出てると思うので。
私はまだ、それは読む心構えはできていないですけど。


イベントに参加された方も、されなかった方も、みんなで共有できる楽しい思い出。
その一片になれたらいいなぁと思っております。
posted by ベス at 10:31| ☔| Comment(0) | 会津若松の旅(2004/7/28) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。