2004年07月29日

トークA

大河ドラマについて

《大河ドラマのオファーが来た時》
司会のお姉さんはどうしても「とても大河に出たかったです」とお二人に言ってほしかったようなのですが、お二人とも口をそろえて「『大河だから出たかった』というわけではなく、『新選組』という題材と三谷さんの脚本があったので引き受けたんです」とおっしゃってました。

あと、堺さんは以前に持っていた山南像の例として、大森南朋さんの名前を挙げて、「南朋さんやりゃあいいのに、と思った」とボソっとおっしゃってました。

≪好きな大河≫
歴代の人気のある大河(新選組以外)の中からどれが一番好きか、という客席アンケートを実施。
ステージ上のお二人も、自分が好きな大河のところで元気良く挙手。

中村さんの好きな大河は『黄金の日日』、堺さんは『武田信玄』。

中村さんは人から「すごく面白いよ」と薦められて見たら、はまってしまったそうです。
各キャラクターがとても個性的で新選組に似ている、とのこと。

その中でやってみたい役は?」という質問には「石川五右衛門!」と即答。
理由は「やっぱり格好いいから!

一方、堺さんは「どこが好きなんですか?」と聞かれ、「どこだろう?」「何が面白くて見てたんだろう?」としばらく考えた後、「歴史を好きになるきっかけになったのが、このドラマだったのかも」と結論。

≪大河と中村家≫
ここで、勘太郎さんがマイク無しで堺さんに一言。
それを聞いて堺さんも「ああ〜!」と激しいリアクション。

『武田信玄』には、勘太郎さんの父・勘九郎さんが今川義元役で出演していたことが判明。
死ぬシーンがすごく良かった。泥が顔にベチャ!って」と堺さん大盛り上がり。

でも、本当は別のシーンが撮ってあったんですけど、カットになったんです。あの後、父が怒ってました」という裏話には、「その話は・・・・、ちょっと聞きたくなかったな〜。夢がコワレタ・・・・」とやや残念そうにしていましたが、
あと、うちの弟も出てましたよ。信玄の息子の役かなんかで」という新たな事実の発覚に再び興奮。
え?!勝頼?義信か?」と信玄の『どの』子供役だったかまでを追求。
勘太郎さんもそこまではご存知なかったようで、「いや・・・・」と首を傾げてらっしゃいました。
**義信の子供時代らしいです**

その後、しばらく「義元は槍の名手だった」等、一人思い出に浸る堺さん。
司会のお姉さんはそこまで歴史&大河に詳しくはないらしく、話題に乗れずにちょっと置いていかれてました。

≪大河って≫
で、最初の「それだけ面白い大河ドラマですから、やっぱり出たかったですよね?」というフリに戻る。

堺さんは「予算がいっぱいあって〜、セットもすごくて〜、出演者が豪華で〜、その中で(刀を振って)暴れられるっていう魅力はあると思いますけどね」「長い時間、一つの役をやれると言うのは役者としては魅力的ですよね」と、大河出演の魅力もフォローしてましたが、「それは、そういう大河ドラマにすごく出たかったということに・・・・なりま、せんかね?」と司会のお姉さんが強引に結論に持ち込むと、「そ、うですね・・・・」みたいな微妙な空気が。
ちょっと、誘導尋問みたいでしたかね?(笑)
誘導尋問でしたねぇ(笑)
posted by ベス at 15:24| ☀| Comment(0) | 会津若松の旅(2004/7/28) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。