2006年10月16日

コトー2006@

ちなみに、本シリーズの今までの視聴暦は、“チラ見”レベル。(医療モノは苦手)
よって、島の皆さまの人間関係はザックリ把握している程度。
まぁ、それでもなんとか話にはついていけそうです。(原作漫画もちょこっと読んだし)

堺さん演じる鳴海先生に対する第1話の時点での感想は、「思ってたよりマトモ」。

漫画のイメージだと、もっと卑屈で悪辣なキャラかと思っていたんですけど、そーでもなかったなー。
単に、頭はいいけど無神経というか、情緒が欠如しちゃってる人って感じでしたね。(腹の底ではドロドロしてそうでしたけど)

漫画では、コトー先生がも少しちゃんとヒーローっぽいので、対する鳴海先生は(各種トラウマ設定の影響もあって)かなり陰湿な人になってると思うのですが、ドラマで鳴海先生を漫画通りにしてしまうと、ちょっと作品全体の湿度が上がりすぎてしまうのかも。
同じく新キャラのミナさんも、ドラマ版はやや陰の方にシフトしていますしね。
堺さんの鳴海先生は、明るさはないですけど、その分ドライで酷薄なので、島の皆さまの情に厚い雰囲気とは好対象になりそう。
あの人の、粘着質な口調の割りにサラリとした空気の嫌なヤツっぷりにはホレボレします。本当に。
今はシレッと猫かぶってますけど、悪意全開になったら一体どんな風になるのだろ?
どんな過去があるのだろ?
楽しみです。
posted by ベス at 20:03| ☀| Comment(0) | TV/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。