2006年01月31日

激痛☆スタイル

アクターズ・スタイル2006冬号にハチクロ映画の記事が載ってます。

掲載されている写真は、今まで色々な雑誌などで既出のモノばかりです。
堺さんこと、花本先生が主役のお二人(竹本君&はぐちゃん)と談笑している3ショットの写真もその一つなのですが、今回は今までとはサイズが違います。デカイ。

初めてマジマジとその姿を見ましたが、劇場版・花本先生は、

う・す・ぎ・た・な・い・ゾ!

うむぅ、原作者さんがGirlieで言っていた“激痛なスタイル”とはまさにこのことか!とシミジミ噛み締めた次第です。
表情の問題もあるのかもしれませんね。しばらく見てたら慣れましたけど。

俳優さんにも様々なカテゴリ分けがあると思うのですが、堺さんは本当に「個性派俳優(二枚目より)」だと思いました。
一般的な“二枚目”の俳優さんだったら、どんなに汚い服装をしても、格好よく見えてしまう気がするんですよね。
その点で、堺さんはダサい時には非常にダサく、必要に応じて格好よく‥‥というそのフリ幅の大きさが魅力なのかしら?等と考えながら帰ってきましたが。
しかし、多少汚かろうが、先生のあの愛嬌はなかなか出せたものではない。魅力的でした。
原作マンガの1シーン(理花さんとの場面とか)を堺さんで想像すると、素敵さ加減にゾクゾクします。
ああ、早く夏にならないかなー。
posted by ベス at 23:51| ☔| Comment(0) | 拾い読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。