2006年01月08日

本当は「阿国」の番宣が見たかったの

昨夜から、オヤシラズがうずいて痛いです‥‥。

功名が辻、第一回みましたよ。

OPの文字が横書き‥‥!!(衝撃)

*****

やっぱり主役の子供時代から始まるんですね。
あ、「組!」が異常だったのか‥‥。

なんだか、いろんな人が出てましたね。誰が誰やら‥‥。

≫公式サイトで確認中…≪

蜂須賀小六(棒読み)と市(声張り過ぎ)が微妙かなと思いました。
どーでもいいことですが、蜂須賀さんの鉄球(?)に、もう少し重量感が欲しかったですね。

千代の母さんと信長の奥さんが可愛らしくて良かったです。
一豊様の家臣も、前田吟さんと武田鉄矢さんという、個人的には「夢の顔合わせ」であり、今回は「このために見た」と言っても過言ではないのですが、期待通りでしたね。
一豊様が格好よく崖の上から飛び降り、その後を追おうとした祖父江を「高い、高い」と言って五藤が止める場面が面白かったです。コミカルで、いい味が出てた。
冒頭の一豊様帰還のシーンでは、吟さんがいなかったので「アレ?」と思ったのですが、後半は隠居して長男がその地位を引き継ぐらしい‥‥。
今後は祖父江親子を重点的に応援しつつ、とりあえず第十回ぐらいまで頑張って見続けたいと思ってます。

ともあれ、一豊様が、格好よかった‥‥。
紀行の後に出てくるキャラ(鳥さん♪)がかわいかった。
千代ちゃんは、早く美濃に行かなくていいのか??
来週も、一豊様&家臣に期待です。
posted by ベス at 22:18| ☀| Comment(0) | TV/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。